表情じわもしっかり改善することが出来る優れた施術

サイトメニュー

様々な基礎知識

カウンセリング

効果や気をつけること

美容整形は非常に手軽にできるようになっていますが、その中で注目されている施術方法の1つがボトックス注射になります。ボトックス注射は、様々な効果が出ますのでその効果を一つ一つ見ていきましょう。いずれにも共通するのは、筋肉の働きを弱めることです。筋肉の働きが強くなりすぎているため、顔に問題が生じている場合も少なくないでしょう。これらを注射をすることにより、筋肉の働きを抑えることが可能になります。ボトックス注射をする例の1つは、顔を小さくする場合です。小顔になるためには、骨格の問題もありますが、エラの部分に必要以上に筋肉がついている場合これを縮小させることにより実現可能になります。この場合、骨の部分が出ているため顔が大きく見えるのか、あるいは筋肉発達していることにより顔が大きく見えるかを専門家に判断してもらうことが必要です。次に、歯ぎしりをする場合にもこの注射は有効とされています。歯ぎしりをする場合には、そのまま放っておくとはがすれてしまい知覚過敏などになってしまうことが少なくありません。この原因の1つが、顎の筋肉が発達していることにあります。必要以上に筋肉がついてしまうと、歯に強い力がかかりいつの間にかはがすり減ってしまうでしょう。そこで、ボトックス注射を打ち顎にかかる筋肉の力を縮小させることで根本的に歯ぎしりをなくしていきます。最後は、ワキガの場合にもこの注射は有効です。ワキガは、アポクリン腺と呼ばれるところから臭いの元が出ますが、アポクリン腺を動かしている筋肉を麻痺させれば臭いの元がなくなるでしょう。

美容整形外科やクリニック等でボトックス注射を利用する場合には、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。まず注意点の1つとしては、施術前にはお酒を飲まないことです。お酒を飲むことにより血流が早くなってしまい十分な効果を得られない可能性があります。この注射は直接筋肉に打つものですが、血流が早いとボトックスが流れてしまう可能性もあります。次に、ボックス注射を打つ場合では、妊娠をしている人や妊娠を希望している人は避けなければなりません。特に妊娠中の場合には、おなかの中の胎児に影響を与えることがあります。実際アメリカでは、流産してしまった例などがありますので気をつけましょう。日本ではまだ前例はありませんが、十分に注意をする必要があります。妊娠を希望している場合にも、同様のことが言えるでしょう。過去に、ボトックス注射をしてアレルギー反応が出た場合なども、医師に一言伝えておかなければいけません。たくさんの量を注入したことにより反応を起こしただけかもしれませんので、前回打った注射の本数などを医者にすれば量を調整するなどの対応をしてくれるでしょう。また、体質的にだめな場合もありますのでそのような場合には他の方法を検討してくれる可能性があります。施術後には、すぐに結果が出ないことも気をつけておかなければいけません。たまに、施術をしたその日のうちに結果が出ないからとクレームを述べる人もいますが、大抵の場合2日から1週間程度時間が経過しなければ効果が出ません。2週間もすれば、目に見えて効果が出ることがほとんどになりますので安心しましょう。