表情じわもしっかり改善することが出来る優れた施術

サイトメニュー

症状に合わせた注射

医者

施術内容やサービスを理解しておこう

美容整形にはさまざまな種類のものがありますが、ひそかに注目されているものの一つがボトックス注射になります。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌と呼ばれる菌を筋肉に注入することでその筋肉をまひさせるのが目的になります。ボツリヌス菌とは、本来食中毒を引き起こす菌ですが、様々な研究結果からこの菌は美容整形に使えることがわかりはじめました。筋肉をまひさせることにより、皺をなくしたり筋肉を縮小させたりすることが可能になるわけです。具体的にどのような症状の時に使ったらよいかといえば、一つは眉間のシワが気になる場合です。年齢とともに眉間の筋肉が発達してきてそれが原因でしわになることが少なくありません。この時、この筋肉の働きを低下させることができればみけんにしわが寄ることが少なくなります。そこで、ボトックス注射を眉間に注入することで結果的にしわを減らすことができるようになります。もう一つの方法は、顔を小さくする方法です。特に女性は小さな顔の人が持てる傾向がありますので少しでも顔を小さくしたいと考える人も多いでしょう。そこで、あごの付け根の部分に注射をすることでえらを小さくすることが可能になります。エラを小さくすることにより、正面から見た時に顔の大きさが一回り小さく見えるようになり、小顔にすることが可能になるわけです。それ以外でも、腋臭に効果があるといわれています。腋臭は、アポクリン腺と呼ばれるところからにおいが出てきますのでアポクリン腺の働きを低下させればにおいは防げます。そこで、アポクリン腺を動かしている筋肉に注射すると結果的ににおいが減少するでしょう。

ボトックス注射を打つならば、しっかりと効果を出さなければいけません。そこで、どのような仕組みでそれぞれ効果が出るかを見ておく必要があります。まず、筋肉を縮小させる点は、どの治療方法にも共通した部分です。筋肉を縮小させる場合には、インフルエンザの注射などのように結果によってもあまり意味がないでしょう。なぜなら、血管に注入しても筋肉に届かないからです。それよりも、直接筋肉に移す必要があるでしょう。そうすると、インフルエンザの注射や献血の注射とは異なり、少し深いところに針を刺さなければいけません。この場合、痛みがどのようになるか気になるところですが、基本的に麻酔をしているため痛みはほとんど伴わないでしょう。麻酔自体もかなり進化してきており、しびれ薬を使う場合や麻酔をしながら注射針に麻酔が塗られており、刺した瞬間でもほとんど痛みが伴わないこともあります。そのため、筋肉にボトックス注射をするとしても恐れる必要ありません。サービス内容は、単に注射をしておしまいなわけではなく事前にカウンセリングを行ってくれます。カウンセリングだけ別料金をとることは少ないです。たいていのところは、ただでやってくれますので仮にその段階で契約を断ったとしてもお金を後から請求されるようなことはありません。それ以外では、アフターフォローがしっかりしているところも少なくないです。アフターフォローは、何らかの問題が起きた場合に無料で診察や治療してくれるなどのサービスになりますので十分に活用をしましょう。